カテゴリー:【コラム】金利・返済コラム

  • カードローンはボーナス払いが可能なのか

    カードローンを利用すると毎月一定額を返済していくというイメージですし、 実際にはそう言った返済方法を取られている方が多いのですが、 ボーナスなどの臨時収入があった際に多めの返済を行うことは可能です。 カードローンは利用だけでなく返済についても、計画的に行うことが大切です。
  • カードローンを低金利で利用するには

    一般的に、カードローンを取り扱っているのは、消費者金融、信販会社、そして銀行です。 カードローンの場合、借りる金額が多ければ多いほど、低金利になります。
  • カードローンの金利の大まかな計算方法について

    カードローンを利用している人は少なくありませんが、金利の計算方法を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。カードローンの金利は、一つ前に返済した時の残元本に金利を乗じ、それを前回の返済日から今回の返済日までの間で日割り計算すれば出てきます。
  • 様々な会社のカードローンの金利

    一般的に無担保でありながら審査が通りやすい反面、高金利という特徴があります。消費者金融などのカードローンは審査が通りやすく、早いのが特徴で、即日融資を謳っているところも少なくありません。
  • カードローンと相続について考える

    カードローンで借り入れている金額は、その人の債務となります。グレーゾーン金利の完全撤廃や総量規制は、最近の規制です。
  • カードローンも計画的に返済シュミレーションをたてる

    カードローンはそういったショッピングで使うカードと同様に計画的に使える人のみが使用するといいでしょう。収入がきちんとある人でも、自分の収入に見合わないローンを組んでしまっては途中で返済に困ってしまうことになります。
  • カードローンの繰り上げ返済は可能かどうかチェック

    その理由は返済期間が短ければ短いほど、返済総額が少なくて済むからです。 返済するときに月々の支払額を均して支払っていくというものです。
  • 複数のカードローンを借り換えて一本化すること

    気が付くと8社にもなり最近では法律が変わり、年収の3分の1以上の借り入れは出来ないようになっていますが、私が借りていた頃はまだそのような規制はなかったので額が大きくて困っていました。審査も何とか通り、他の消費者金融の借金を返済して、自分なりに整理し、少し大変でしたがスッキリしました。

当サイトについて

当サイトはインターネットを利用した カードローンをオススメしております。地元にカードローンを作成できる店舗がない場合にはインターネットでカードローンを作成することが出来てしかも最短で作成することが出来ます。いちいち審査書類をネットから申込んで自宅に届くのを待ち記入をして送り返す必要はないのです。最短で作成するにはまず、カードローン会社のネットページから必要事項を打ち込みます。そしてその会社の指定する銀行名を打ち込みその銀行とカードローン会社の間で振り込みなどの手続きが可能かどうかの確認をします。この時にネットでの申し込みで銀行をネット銀行に指定するとすぐに手続きの完了が可能かどうかの結果が出ます。ネットを使用すれば非常に便利なのです。皆様くれぐれもご利用には注意を払っていただきお金に関してはストレスフリーになれるようにされてください。(管理人)
ページ上部へ戻る