カテゴリー:【知識】カードローンの基礎知識

  • 自動融資型のカードローンとはなにか

    極度枠を設定する事で、銀行の口座から引き落される金額が口座残高を超えている時には、自動的に融資する契約を意味します。大変便利なカードローンですが、仕組みを知らないと余分な融資を受ける事にもなりますので、上手に使いこなしましょう。
  • 成長し続けるカードローンの市場規模

    カードローンの市場規模は、現在10兆円を超えるまでに成長しています。 無理のない返済計画をきちんと立て、賢く利用するとよいでしょう。
  • 不動産投資にカードローンを利用するには

    そんな場合、その資金をカードローンで調達するというのは可能なのでしょうか? そう考える人もまた多いでしょう。 一般的な無担保のカードローンですと、借入できる額も小額なので不動産の購入には向きませんが、 ご自身の所有する自宅があれば、それを担保にした「有担保カードローン」の利用が可能です。
  • カードローンとは-メリットとデメリット

    返済方法は元利金を毎月定額で返済するタイプ(リボ払い)のものが多く、返済時の負担が軽いのもメリットです。  デメリットは、消費者金融よりもサービス利用のための審査が厳しいため非正規雇用であれば審査が通りにくい、返済が一日でも延滞すればすぐにサービスの利用が停止されることがあります。
  • カードローンの推進をいかに図るか

    しかしノンバンク系については貸金業法が適用され、過去において過払い金返還訴訟が多発し、以降総量規制および上限金利引下げの法改正が行われ顧客の厳選化がはかられる中、ローン残高は減少している。即日融資というメリットをしのぐ、サービスの構築が今後課題となる。
  • カードローンが親しみやすいイメージに変わってきています。

     昔は、お金を貸す人を金貸しと言って暗いイメージがあり、お金を借りる側も恥ずかしくて、こっそり借りるのが一般的でした。  CMの軽く明るいイメージが、借りる側も銀行にいくような気軽な気持ちにさせるのではないでしょうか。
  • 大きな融資額が魅力の銀行系カードローン

    最高限度額が800万円もある大型カードローンが低金利で借りることができます。金額が大きければ大きいほど金利の差は大きくなります。
  • 迅速な借り入れができるカードローンのメリット

    無担保、無保証でも本人確認さえできれば大丈夫なので、保証人を探す必要がなく、担保も必要ないので、手軽に利用することができます。またコンビニやインターネットを使って返済できるので、短期返済することができれば銀行の時間外手数料よりもカードローンの方がお得です。
  • カードローン契約後の使い方についての解説

    カードローンを申し込み審査が通り契約を締結したら、実際にお金を借りるという段階に入ります。 カードローンですから当然カードが発行されることになるのですが、必ずしもこのカードを使わなくてはいけないということではありません。
  • カードローンの借金を過払い請求で取り戻しました

    ある程度収入がありましたので、月々の返済は滞ることありませんでした。「すべて私に任せて下さい」「今以降から返済の振込等は一切中止」など 今では過払い金請求は、テレビでも宣伝するほど当たり前の情報になっています。

当サイトについて

当サイトはインターネットを利用した カードローンをオススメしております。地元にカードローンを作成できる店舗がない場合にはインターネットでカードローンを作成することが出来てしかも最短で作成することが出来ます。いちいち審査書類をネットから申込んで自宅に届くのを待ち記入をして送り返す必要はないのです。最短で作成するにはまず、カードローン会社のネットページから必要事項を打ち込みます。そしてその会社の指定する銀行名を打ち込みその銀行とカードローン会社の間で振り込みなどの手続きが可能かどうかの確認をします。この時にネットでの申し込みで銀行をネット銀行に指定するとすぐに手続きの完了が可能かどうかの結果が出ます。ネットを使用すれば非常に便利なのです。皆様くれぐれもご利用には注意を払っていただきお金に関してはストレスフリーになれるようにされてください。(管理人)
ページ上部へ戻る