タグ:請求

  • カードローンの返済の遅滞と裁判所

    それでも返済せず、何の連絡も取らないと、ついには裁判所に請求の訴えをします。カードローンで借り入れている金額如何ですが、基本的に返済しないとカードローン会社は、裁判所に対して支払い請求を申請します、しかし差押えと云っても、生活に必要な物品を差押えする事は出来ません、貴金属などの生活に関係ない品物、例えば金の延べ棒でもあれば差押えされますが、お金に困っているので売っている事が多いので、差押えされるものは実際はあまりないのが実情です。
  • カードローンも、商行為ですから時効はあります。

    カードローン会社は、営業として融資をしているので、商行為として金銭貸付債権の消滅時効は5年です。時効は当事者が援用しなければ効力がないのです。

当サイトについて

当サイトはインターネットを利用した カードローンをオススメしております。地元にカードローンを作成できる店舗がない場合にはインターネットでカードローンを作成することが出来てしかも最短で作成することが出来ます。いちいち審査書類をネットから申込んで自宅に届くのを待ち記入をして送り返す必要はないのです。最短で作成するにはまず、カードローン会社のネットページから必要事項を打ち込みます。そしてその会社の指定する銀行名を打ち込みその銀行とカードローン会社の間で振り込みなどの手続きが可能かどうかの確認をします。この時にネットでの申し込みで銀行をネット銀行に指定するとすぐに手続きの完了が可能かどうかの結果が出ます。ネットを使用すれば非常に便利なのです。皆様くれぐれもご利用には注意を払っていただきお金に関してはストレスフリーになれるようにされてください。(管理人)
ページ上部へ戻る